今年10月、「JRC蘇生ガイドライン2015」が公開された。「JRC蘇生ガイドライン2015」は、国際蘇生連絡委員会(ILCOR)が作成した「2015 International Consensus on Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care Science With Treatment Recommendations;心肺蘇生と緊急心血管治療のための科学と治療の推奨にかかわる国際コンセンサス」(CoSTR)の内容をベースに、日本蘇生協議会(JRC)が作成した日本版のガイドラインだ。どちらも5年に1度改訂されている。以下では、第43回日本救急医学会総会・学術集会で帝京大学救急医学主任教授の坂本哲也氏が解説した「改訂のポイント」を紹介する。

蘇生ガイドライン改訂のポイントは?の画像

ログインして全文を読む