バルーンカテーテルで肺静脈入口部を円周状に冷凍焼灼して心房細動を治す新技術が登場した。日本メドトロニックが10月5日に発売した、薬剤抵抗性の発作性心房細動治療を目的としたバルーン型冷凍アブレーションカテーテルシステム「Arctic Front Advance」だ。高周波電流による従来の焼灼術に比べ手技が易しく所要時間も短くて済み、合併症リスクの低減も期待できる。

心筋冷凍で発作性心房細動を治すの画像

ログインして全文を読む