今月1日からスタートした医療事故調査制度。各医療機関が「予期せぬ死亡」だと判断した場合は、第三者機関である医療事故調査・支援センターに報告し、院内調査を行うことが義務付けられている。医療事故調査・支援センターに指名された日本医療安全調査機構で常務理事を務める木村壯介氏に、制度開始直後の状況と、医療事故調査を行う際の注意点を伺った。(インタビュー収録:2015年10月6日)

9月以前に起きた医療事故も報告すべき?の画像

ログインして全文を読む