10月に始まる社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の番号通知。懸念や批判をメディアが強調する中、さらに厚生労働省室長補佐が制度に関する収賄で逮捕されるなど、波乱含みのスタートとなった。医療や介護の分野では将来的に、マイナンバーのインフラを活用し、マイナンバーとは別の番号(医療等ID)を使って情報化を進めることが打ち出されている。その手始めとしてまずは、医療機関の窓口で個人番号カードを使い、医療保険資格をオンラインで確認する仕組みの検討が進んでいる。

マイナンバーで医療の情報連携も始まる…のか?の画像

ログインして全文を読む