10月からスタートした医療事故調査制度では、医療機関で「予期せぬ死亡」が発生した際、医療事故調査・支援センターへの報告と、院内での事故調査が義務付けられるようになった。この院内事故調査で原因究明を行う際の手段の1つとして死亡時画像診断(Ai)が注目されている。Ai情報センター代表理事の山本正二氏に、医療事故調査制度において医療機関がAiをどのように活用すればよいのかについて聞いた。

「急死例には解剖より先に、まずAiを」の画像

ログインして全文を読む