接種後に全身の疼痛や運動障害などを来したといった訴えが報告されたことを受け、2013年6月以降「積極的な接種勧奨の一時中止」という措置が続いているヒト・パピローマウイルス(HPV)ワクチン。接種後に生じた症状で苦しむ患者への診療体制の整備が急がれている。

HPVワクチンは早急に勧奨を再開すべきの画像

ログインして全文を読む