今年7月、浜松医科大学を舞台に、教授が学長を訴えるというパワハラ訴訟が勃発した。訴えた教授は、11年前に国立大学が独立法人化され、学長の権限が強化されたことが遠因だと主張。似たようなことは、どこの大学でも起きているという指摘もある。

浜松医大教授が学長をパワハラで提訴の画像

ログインして全文を読む