今年5月、喘息予防・管理ガイドラインが3年ぶりに改訂された。今回の改訂では、気管支喘息(喘息)の定義が変更された他、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)のチオトロピウムが治療の選択肢に加わった。喘息の治療はどう変わるのか、改訂に関わった専門医に主な変更点を聞いた。

ガイドライン改訂で喘息治療はどう変わる?の画像

ログインして全文を読む