ジペプチジルペプチダーゼ(DPP)-4阻害薬が発売されてから5年。わが国の大規模な診療データベースを用いた分析から、実臨床では既にDPP-4阻害薬が第一選択薬として処方されている実態が明らかになった。一部で懸念されていた膵炎や心不全の増加も観察されなかった。

未治療糖尿病患者の6割にDPP-4阻害薬の画像

ログインして全文を読む