2014年、162人もの国内発生例を認めたデング熱。感染者が確認された自治体を中心に、媒介する蚊の発生を抑える対策が進むが、デング熱再来の可能性は完全に消滅したわけではない。2年目の夏を迎える今、デング熱の臨床像をしっかり把握することが対策の第一歩となる。

その発熱患者、デング熱ではありませんか?の画像

ログインして全文を読む