大腸憩室出血の新しい止血法である内視鏡的バンド結紮(endoscopic band ligation:EBL)を取り入れる医療機関が増えている。高い止血効果と手技の簡便さがウリの治療法で、今年5月の日本消化器内視鏡学会総会でも複数の施設がその有用性を報告し、関心を集めた。一方で穿孔例も国内で初めて報告され、注意すべき患者が明らかになってきている。

大腸憩室出血は「輪ゴム」で止めるの画像

ログインして全文を読む