患者は30歳代男性。前日に突発的な側腹部痛が生じ、血尿が出現した。その後も症状が持続したため救急外来を受診し、単純CT・尿検査の結果、わずかな腎盂拡張と下部尿管結石を認めた。結石の自然排石を期待し、タムスロシン(商品名ハルナール他)とウラジロガシエキス(ウロカルン)を処方し、疼痛に対してロキソプロフェン(ロキソニン他)の頓用を指示した。

尿管結石の治療にα1遮断薬の画像

ログインして全文を読む