石巻赤十字病院(宮城県石巻市、452床)では現在、2013年10月から始まった増改築工事が仕上げの段階に入っている。増改築の目的はずばり病院機能の充実・強化。今年3月に災害医療総合研修センターの建設が終了し、7月には救急・重症患者の治療強化のための個室病床や、集中治療室(ICU)、透析センター、医療用ヘリポートなどを備えた新病棟が完成する予定だ。

復興目指し宮城全体で進めた「選択と集中」の画像

ログインして全文を読む