日本の生体肝移植の第一人者である田中紘一氏が立ち上げた神戸国際フロンティアメディカルセンターを巡る一連の報道で、関係者に動揺が広がっている。患者の不安も高まっているとみて、学会も対応を急いでいる。

7例中4例死亡、第一人者の「夢の施設」に暗雲の画像

ログインして全文を読む