「有効性評価に基づく胃がん検診ガイドライン」が約9年ぶりに改訂され、ようやく内視鏡検診がX線検診と同等の推奨度になった。今後、内視鏡検診を実施する自治体は増えると予想される。しかし専門医の不足、チェック体制の整備、費用など課題は山積している。

「内視鏡で胃癌検診」に立ちはだかる7つの壁の画像

ログインして全文を読む