今年4月、各都道府県で「地域医療構想」の策定作業が始まった。診療機能別に病床数の過不足を明らかにして、病床配置の「適正化」を図ろうとするものだ。実現すれば、地域の医療提供体制が大きく塗り替わる可能性もある。

病床再編が加速、急性期縮小に動く病院も続々?の画像

ログインして全文を読む