夜中に高齢患者が「ご飯も食べられないし、このままでは死んでしまう」などと訴え、ベッドの上に立ち点滴ラインをいじっていた。看護師が発見し声を掛けたところ「何をするんだ」と興奮状態が強くなってしまったという。認知症ケアの新しいコミュニケーション法として注目を浴びるユマニチュード(Humanitude)は、こうしたせん妄状態の高齢患者にも応用できるのではないか――。ユマニチュードを日本にいち早く導入し、その普及に努東京医療センター総合内科医長の本田美和子氏に、その可能性を聞いた。

せん妄患者にもユマニチュードをの画像

ログインして全文を読む