群馬大学医学部附属病院で発覚した腹腔鏡下肝切除術の死亡事故はしばしば、今年10月にスタートする医療事故調査制度との関連で語られる。群馬大病院に批判的な意見がほとんどで、とりわけ院内事故調査は担当医師の責任追及に終始し制度が目指す医療安全向上への貢献という趣旨からはほど遠いとの意見が大半だ。いったい何が問題なのか――。

名大病院にあって群馬大病院になかったものの画像

ログインして全文を読む