入院中の高齢者のせん妄を「予防」する策として、メラトニン受容体に作用する不眠症治療薬のラメルテオン(商品名ロゼレム)を眠前や術前に投与する方法が国内の複数施設から報告されている。ラメルテオンにはせん妄予防の適応はないが、この結果を受け、日本総合病院精神医学会が今年改訂予定の「せん妄の治療指針」で効果について言及する方向で検討が進んでいる。

入院中のせん妄はラメルテオンで予防できる!の画像

ログインして全文を読む