オンコール時、自宅で急患の画像が読影できたら、どんなにいいか――。そんな外科医の望みをかなえる遠隔画像診断システムが開発された。セキュリティーが担保された状態で、患者の重症度を院外で判断できる。時間外の出勤が減り、外科医の負担軽減に効果大だ。

クラウドで外科医のオンコール出勤が7割減にの画像

ログインして全文を読む