病院職員の2人に1人が患者などから暴力の被害を受けている。患者に蹴られた、ナイフで刺されたなどの傷害事件も起きている。院内暴力防止のための職員教育を実践している三木氏に、院内暴力の実態や発生時の対応法、暴力を未然に防ぐ手立てなどを聞いた。

暴力への対応法は護身術ではない、患者・職員双方に安全な解決策をの画像

ログインして全文を読む