抗菌成分のクロルヘキシジン(CHG)を用いた、中心ライン関連血流感染症(CLABSI)対策が広まり始めている。CHG消毒液のほか、カテーテル刺入部に貼付するCHG含有被覆材2製品が市販されており、学会での使用経験報告や口コミを受けて、今後導入する施設はさらに増えそうだ。

クロルヘキシジン被覆材でカテ感染を防ぐの画像

ログインして全文を読む