日本腹部救急医学会、日本プライマリ・ケア連合学会など5学会が合同で作成した「急性腹症診療ガイドライン」が、3月に発刊された。迅速な対応が必要となる急性腹部疾患の診断や治療についてまとめた、我が国初のガイドラインとなる。ガイドラインを作成した意図とポイントについて、作成委員に聞いた。

急性腹症に初の診療ガイドライン登場の画像

ログインして全文を読む