今年1月、院内のインフルエンザ集団感染を機に、40歳代の看護師がインフルエンザ脳症により死亡した。重症化の機序に詳しい専門家は、食欲不振や嘔吐などによる「一時的な飢餓状態」が引き金になった可能性を指摘する。

40代看護師がインフル脳症で死亡のなぜの画像

ログインして全文を読む