2015年2月、にきび治療薬の過酸化ベンゾイル(BPO、商品名ベピオゲル2.5%)が薬価収載された。欧米でにきびの標準治療薬として40年以上使用されている実績があり、耐性菌が出現しないため長期使用可能な外用薬として注目を集めている。臨床試験に携わった医師に、日本での導入の経緯やその使い勝手、注意すべき点などを聞いた。

話題の新薬「BPO」でにきび治療はどう変わるの画像

ログインして全文を読む