「診察室血圧と家庭血圧の間に診断の差がある場合、家庭血圧による診断を優先する」。2014年4月に発刊された「高血圧治療ガイドライン2014(JSH2014)」では、このように高血圧診療において家庭血圧を重視する方針が示された。

患者の血圧測定値、信じられますか?の画像

ログインして全文を読む