学会トップとして産科医療の危機打開に当たる一方、女性医師の戦力化に長く取り組んできた吉村泰典氏。2013年からは少子化対策・子育て支援担当の内閣官房参与を務めている。「元祖イクメン」を自認する吉岡氏に、女性医師の活躍には何が必要かを聞いた。

若手産婦人科医は6割超が女性 子を持つ女医の働き方を「標準」にの画像

ログインして全文を読む