今シーズンは、A香港型(AH3亜型)の患者が多く報告されている。65歳以上への肺炎球菌ワクチンが2014年10月に定期接種化され、インフルエンザワクチンとの併用による重症化の予防効果が期待されている。

今年のインフルエンザ、流行はA香港型が中心の画像

ログインして全文を読む