これまで人工内耳が使用できなかった感音難聴患者も装用できる残存聴力活用型人工内耳が登場した。残存する内耳の機能損傷を抑えるべく低侵襲の人工内耳挿入術を用いるのが一般的だ。また、1歳を超えていれば小児にも適用可能。小児は早期から人工内耳を挿入することでより高い言語獲得効果が見込め、期待を集めている。

内耳機能が温存できる低侵襲人工内耳挿入術の画像

ログインして全文を読む