社会の高齢化で先頭を走る日本が、認知症ケアをどのように推進していくのか、世界中の注目を集めている。医療機関や施設だけでなく、地域と一体となった認知症ケアを進めるためには、「社会から偏見をなくし、家族や医療者が一体となってケアに当たることが大切」とシェイカー・サクセナ氏は語る。

「日本の認知症ケアに世界中が注目しています」の画像

ログインして全文を読む