2014年8月、東京都内でデング熱感染症例が報告されたのをきっかけに、発症者が急増。約2カ月の間に160人に及ぶ国内感染例が報告され、検査を希望する患者が急増した。騒動のきっかけとなった1例目はどのような経緯で診断に至ったのだろうか――。12月15日に国立感染症研究所から発表された情報を基に経緯を振り返る。

なぜデング熱の国内事例は診断できたのかの画像

ログインして全文を読む