内視鏡時に抗血栓薬を極力休薬しない方針を示したガイドラインが発表され、2年が経過した。医師の過半数は休薬しない方針を採用するなど、臨床現場への普及は着実に進んでいる。近年急速に増加する新規経口抗凝固薬(NOAC)服用者の対応という次の課題も見えてきた。

「内視鏡でアスピリンは休薬しない」が常識にの画像

ログインして全文を読む