勤務医の負担軽減策として鳴り物入りで4月に新設された手術・処置料の「休日・時間外・深夜加算1」。11月になって厚生労働省が示した施設基準が波紋を呼んでいる。勤務医の夜間手術手当の支給中止など、影響も出てきそうだ。

遅過ぎた「負担軽減」の解釈通知の画像

ログインして全文を読む