群馬大学は11月、継続的にパワーハラスメントを行ったとして、医学系研究科の教授を懲戒解雇した。だが、教授は解雇処分は不当だとして大学を提訴。本誌の取材に対し、「研究者の常識の範囲の指導だった」と説明した。

群馬大教授の解雇、パワハラか常識の範囲かの画像

ログインして全文を読む