食道癌への内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は、転移の可能性が低ければ、大きな病変にも使用されることが一般的になった。腫瘍を一括切除できるESDは局所再発率の低下に大きく貢献している。ただ、食道全周に広がるような腫瘍を切除した際には狭窄が必発することから、術者の技量に依存しない狭窄予防策の確立が次の課題となっている。

ESDで大きく変わった食道癌治療の画像

ログインして全文を読む