今秋、内視鏡下手術支援ロボット「da Vinci サージカルシステム」(ダビンチ)による腎癌、胃癌手術の先進医療が相次いで始まった。腎癌は2016年4月、胃癌は2018年4月の保険収載を目指す。さらに、直腸癌や肺癌でも先進医療の申請が行われている。各分野の専門家主導で、ダビンチを使ったロボット手術の保険適用を目指した動きが活発化している。

da Vinciの先進医療が続々スタートの画像

ログインして全文を読む