多様なプログラムから利用者がその日の機能訓練メニューを選択する「自己選択・自己決定方式」を打ち出した夢のみずうみ村。通所介護運営のあり方に変革を起こした藤原茂氏が次に目指すのは、施設の一般開放や通所介護スタッフによる自宅訪問だ。従来の介護保険サービスや福祉の枠を飛び出した地域づくりこそが、2025年の超高齢社会には必要だと訴える。

介護だけでなく年齢や障害を超えた共生社会をの画像

ログインして全文を読む