介護保険制度創設前から地域包括ケアの原型となる理念を訴え、先駆的な取り組みを続けてきた対馬徳昭氏。定期巡回・随時対応サービスと小規模多機能拠点を積極展開し、「社会福祉法人は地域貢献のために参入を」と呼びかける。24時間サービスの課題はケアプランの質にあると指摘し、多職種協働によるアセスメントの試みにも挑戦している。

24時間サービスの課題はケアプランの質の画像

ログインして全文を読む