湖山泰成氏が代表を務める湖山医療福祉グループは、全国16都道府県の人口の少ない地域を中心に二つの病院のほか、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、居宅サービス複合拠点を数多く展開する。今後は医療と介護の“統合”が重視され、高齢者住宅バブルの崩壊もあり得ることを、医療・介護経営者は視野に入れるべきと説く。

専門特化政策は限界、医療・介護の統合を視野にの画像

ログインして全文を読む