今から約30年前、医療・保健・福祉を地域に一体的に提供する新潟県の「大和方式」が全国的に話題になった。このシステムの中心人物として、町おこしにも関わっていたのが、当時、ゆきぐに大和総合病院の院長だった黒岩卓夫氏だ。現在は診療所開業医として主に在宅医療を手がける黒岩氏に、これからの地域医療のあり方について聞いた。

地域医療の資源は「住民」、制度に縛られるなの画像

ログインして全文を読む