「アレルギー疾患対策の均てん化に関する研究班」の調査で、アレルギー科標榜医の多くが学会が推奨する標準治療を行っていない実態が明らかになった。日本アレルギー学会理事長で同研究班班長を務める斎藤氏に、アレルギー診療の現状や今後の課題を聞いた。

総合的なアレルギー診療を実践できる専門医にの画像

ログインして全文を読む