大手IT企業DeNAの参入が話題となり、個人向け(direct to consumer:DTC)遺伝子検査サービスが注目を集めている。疾患の「なりやすさ」を知ることで予防に役立てるなどのメリットがうたわれる一方で、法律による規制はないため検査会社ごとの技術力のばらつき、結果解釈の曖昧さ、利用者のリテラシーへの不安など課題も多い。

遺伝子検査は「予防のため」か「占い」かの画像

ログインして全文を読む