2014年9月2日、日本で初めて爪白癬に適応を持つ外用の抗真菌薬エフィナコナゾール(商品名クレナフィン)が発売された。これまで爪白癬に適応のある薬剤は経口抗真菌薬2剤のみ。肝障害の副作用や薬物相互作用により経口抗真菌薬を使用できなかった患者は多く、外用薬の登場はそうした患者にとって朗報だ。

日本初の爪白癬外用薬、その実力は?の画像

ログインして全文を読む