東北地方の医学部新設の候補として、東北薬科大学の構想が選定されたが、東北6県との調整は困難な状態が続いている。医学部新設反対派が少なくない中、同大学の構想実現の鍵を握ると目されているのが、安倍晋三首相に医学部新設構想を持ちかけた宮城県知事の村井嘉浩氏の協力だ。村井氏はこれまで記者会見で自身の見解を表明する他、日経メディカルの取材にも文書で回答を寄せている。これらを基に同氏の発言をまとめた。

ログインして全文を読む