今年9月、欧州の冠血行再建術ガイドラインが改訂され、安定狭心症に対する冠動脈インターベンション(PCI)の推奨度が全体的に下げられた。冠動脈バイパス術(CABG)の適応を検討する必要性が増したことから、安定狭心症においても内科・外科からなるハートチームの重要性が高まっている。

安定狭心症をハートチームで治すの画像

ログインして全文を読む