4月の診療報酬改定で急性期病床の機能と役割が一層明確化され、病床の機能分化に拍車が掛かってきた。日本病院会副会長を務め、自ら500床規模の地域基幹病院をけん引する相澤氏に、急性期病院のあるべき姿や今後求められる勤務医像を聞いた。

勤務医にも求められる「機能分化」の画像

ログインして全文を読む