手術台まで高磁場MRI装置が空中移動する国内初の術中MRIシステムが筑波大学附属病院で稼働している。神経の走行を踏まえた腫瘍切除ができるほか、患者を動かさずにすむため点滴ラインなどの脱落を防げ、より安全で確実な手術に貢献しているという。

8m先の手術台まで高磁場MRIが空中移動の画像

ログインして全文を読む