製薬企業が医師に支払った講演料や原稿料などの金額が、今年から開示されるようになった。企業から医師への資金提供の流れを透明にすることを目的とした「透明性ガイドライン」に基づく情報開示の一環だ。だが、開示を嫌がる医師が講演や原稿の執筆を断るケースも出てきている。情報開示を進めるには、利益相反(COI)に対する世間の認識も変えていく必要がありそうだ。

医師の原稿料、金額や個人名の開示で問題露呈の画像

ログインして全文を読む