20年間で約40%が腎不全に至るIgA腎症。国内では2000年代から扁桃腺摘出(扁摘)とステロイドパルスを組み合わせた扁摘パルス療法が普及したが、扁摘の必要性を疑問視する声も上がっている。最近、扁摘パルス療法の初めてのランダム化比較試験結果が示され、注目を集めている。

【IgA腎症】扁摘パルス療法で尿蛋白減少の画像

ログインして全文を読む