「救急・集中治療における終末期に関する提言(ガイドライン)」案がまとまるなど、終末期医療の在り方への関心が一段と高まっている。救命救急の最前線に立ち続け、『人は死なない』(バジリコ)など人の死後に関する著作もある矢作氏に、終末期医療の現況や医療者の役割などを聞いた。

人の終末期は千差万別 最善の迎え方を個々に考えるの画像

ログインして全文を読む